働き方を決める時

女性であるがゆえに左右されること

学校で女性が働くとしたら

学校勤務において、常勤講師と非常勤講師の違い・そしてメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか。女性が働く上で勤務形態を選ぶとしたら、どちらを選ぶべきでしょうか。将来結婚をするとしても、可能ならば常勤講師として働いた方がメリットは大きいと言えます。責任という点からみれば、常勤の方があるのかもしれません。しかし、その分給料や待遇においては、しっかりとしているという特徴があります。常勤講師は担任をすることがあるため、生徒との関係性も良くなることもあるでしょう。学校の先生として働きたいという希望を強く持っている人であれば、まずは常勤講師からのスタートが良いかもしれません。しかし、学校の先生というのは、女性にとって結構ハードな職業というように言われています。見た目にはあまり分からないような大変さを抱えているのです。男性なら精神的になんとか耐えられることでも、女性であることにより心痛がある場合もあるでしょう。そういう中で、小学校の先生になるのか中学校の先生になるのか、もしくは高校教師か…など、選択肢はさまざまです。そのため、まずそこから決めなければいけないということがあります。小学校の先生になるということを決めてなんとか試験に合格をしたとしても、非常勤としての勤務形態の募集しかないこともあります。そういう時にはひとまず非常勤として働いてみて、学校の雰囲気に慣れるようにして空きが出るまで待つというのも一つの方法かもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です